カテゴリ:Travel( 9 )

ご当地グルメ

d0387712_218016.jpg

焼きたて焼きそば・・・

お い し そ~~~

d0387712_2181176.jpg

サイドに紅ショウガが置いてあったので
のっけてみましたが 良かったのかな?

d0387712_2182389.jpg

餃子
d0387712_2185199.jpg

d0387712_2191281.jpg



お客さんも絶え間なく・・・

カウンターでは
ジャー ジャー ジャーと
手を休めることなく 次から次へと焼いてあります



d0387712_219581.jpg

ottoが食べたかったのはラーメンでしたので
   ・・・トンコツスープ も たのみました(^_^;)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


日田の市街地に入ったのが ちょうどお昼時

ラーメンでも食べようか・・・とottoが言いましたが
どうせなら そこでしか食べられないものを食べたいな・・・と思っていたら
「想夫恋」の看板が見えて そこで ランチをすることになりました

d0387712_21101372.jpg

福岡でも この看板見たことがあるような・・・

でも 此処は本店

「日田焼きそば」と呼ばれるご当地グルメ
その発祥となったのが「想夫恋」なのだそうで
「焼きそば」という呼び名の名付け親でもあるそうです

d0387712_994114.jpg



空中を吹く風は
一切障害がありません
夫婦の間においても
お互いに助け合う心をもってすれば、
その人生は、風と同じように何の障害もないものです
又、そうする事によって夫婦の絆は、なお強く結ばれるものです
これが、すなはち夫婦の和「想夫恋」とうことなのです

12月6日で 結婚四十数年・・・ 
早めのアニバーサリー旅でした

これからも
お互い助け合って 穏やかに 楽しく すごしていければいいですね・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by mamieotome | 2018-12-03 18:12 | Travel

日田めぐり3

d0387712_16253310.jpg




d0387712_16254857.jpg



d0387712_16263314.jpg

江戸時代の元禄15年来の建物からなる酒造群 薫長酒蔵資料館
当時の建物がそのまま残されている全国的にも珍しい酒蔵群で
今でも手作りで清酒などが作られています。
d0387712_16261867.jpg



d0387712_16322452.jpg


d0387712_16271738.jpg

酒蔵の二階に上がることができて
屋根裏部屋のような広い空間の中に 清酒を絞るときの古い道具などが展示されていました

d0387712_16273829.jpg


d0387712_16294524.jpg

豆田町上通りの端
花月川に架かる一新橋のたもとに 薫長の酒蔵が並んでいます

d0387712_1628299.jpg


d0387712_16284832.jpg

白壁沿いのもみじが 真っ赤に紅葉していました


d0387712_23555524.jpg

娘たちに ノンアルコールの「あまざけ」を お土産に買いました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mamieotome | 2018-12-03 12:03 | Travel

日田めぐり2

d0387712_15425858.jpg

d0387712_154489.jpg

d0387712_15432729.jpg

d0387712_15462474.jpg


豆田町は
江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた「天領」で
今なお往時を偲ばせる古い建物や町並みが数多く残っています

お店一軒一軒がレトロで 趣があって ゆっくり観て回りたかったのですが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mamieotome | 2018-12-02 18:12 | Travel

日田めぐり1

d0387712_15315170.jpg


d0387712_15321575.jpg

お庭のもみじの色づき具合が綺麗です
d0387712_15323872.jpg


d0387712_15325934.jpg


d0387712_15333987.jpg

「咸宜園」(かんぎえん)
日田出身の廣瀬淡窓により創立された私塾
「咸く宜し」(ことごとくよろし)とは、すべてのことがよろしいという意味
門下生一人ひとりの意思や個性を尊重する教育理念で
高野長英や大村益次郎など多くの偉人を輩出しています

現在 咸宜園は国の指定史跡となり 
咸宜園の歴史や廣瀬淡窓にまつわる資料が展示されています



何度か 日田は 訪れたことがありますが
ここは 初めてでした

数年前 お雛祭りの頃 娘達と訪れたことがあるので
観光はもういいだろう・・・とottoは言いましたが
宿に泊まって温泉に入るだけでなくて
何処か 観て帰りたい~と 訴え(笑)
しぶしぶ・・・日田豆田町に立ち寄ってくれました(^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mamieotome | 2018-12-02 12:02 | Travel

あいにくの・・・

せっかくの アニバーサリー旅でしたが
あいにくの雨・・・
  (一泊二日の旅の前後はいいお天気
       どちらか 日頃の行いがよくなかったのかな・・・(^_^;)(笑))

d0387712_22194726.jpg


d0387712_2220341.jpg


d0387712_22203951.jpg


d0387712_2220566.jpg


d0387712_22211681.jpg


でも 車窓から見える
雨に煙る 赤や黄色のこうようの景色も
いっそう色濃く見えて なかなか 趣があって いいものでした・・・

d0387712_22213652.jpg
d0387712_22214540.jpg
d0387712_22215430.jpg

木の花ガルデンのメタセコイア
新車で 初めての遠出 ・・・とても 運転しやすいそうです

~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日から 12月です
師走という言葉を聞くだけで
いろいろと 気ぜわしい・・・

大掃除 年賀状の準備 etc. etc.

ぼつぼつ 済ませていくしかありませんね(´-`*)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

More★ あいにく・・・とは
[PR]
by mamieotome | 2018-12-01 12:01 | Travel

あさもや

お宿に あさもやテラス・・・というスペースをわさわざ設けてあるくらいですから
きっと 素敵な景色がみえるんだろうなぁ~・・・と 期待してましたが

朝起きると あいにくの雨・・・

窓の外は
雨か靄かわからない まさにモヤ~とした ぼ~っとした 景色

ちょっと がっかり・・・


でも 暫くすると まるで 墨絵のような景色が 目の前に現れて

刻々と変わる風景を楽しむことができました

d0387712_18595593.jpg


d0387712_1901618.jpg


d0387712_18593038.jpg



d0387712_19231757.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
d0387712_2029661.jpg

「奥日田温泉 梅酒蔵おおやま」
株式会社おおやま夢工房が営む ニッカウヰスキーと共に造った梅酒工場
d0387712_20292450.jpg


d0387712_2029456.jpg

お茶のサービスも受けられます

d0387712_2030168.jpg

梅酒 梅の加工食品 等の売店もあり
おおやま夢工房 最高級完熟梅ジュース ビブラート
部屋に持ち帰って いただきました 

~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by mamieotome | 2018-11-30 11:30 | Travel

うめづくし2

d0387712_1142590.jpg

d0387712_23255769.jpg

ウエルカムドリンク? 梅ジュースと梅のシロップ煮 

d0387712_23261222.jpg

【ラウンジ藤五郎】で ゆっくり チェックイン手続き

d0387712_23262830.jpg



d0387712_2329226.jpg

組子の間仕切り

木の温もりを感じます
d0387712_2330795.jpg





d0387712_23263854.jpg

梅型の部屋のキーホルダー

d0387712_23265721.jpg


d0387712_23272437.jpg

和モダンな感じの おちついた お洒落なお部屋です

このソファ とても 座り心地が良かった~

d0387712_0142415.jpg

露天風呂


d0387712_143880.jpg

部屋から見る 響渓谷の眺め

d0387712_145953.jpg

d0387712_913366.jpg

部屋前の梅の木には・・・もう花芽がついていました



d0387712_92870.jpg

敷地内にも 梅の木が植えてあるな~って見ていたら
西の空が 茜色に・・・
お天気 良くなるのかなあ・・? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mamieotome | 2018-11-29 18:29 | Travel

うめづくし

宿泊先だけ予約していて
特別な旅プランもなく 出発・・・

カーナビにottoがセットしたのは
道の駅「原鶴」ファームステーションバサロ
  (カーナビで音声検索 なかなか 候補地がでてこなかったのは 滑舌が悪いせい?)

途中 「木の花ガルデン」に寄り

次に 道の駅 「水辺の郷おおやま」

なんだか 道の駅めぐりの旅になったような(笑)


早く着きすぎるよ~と 言っているのにどんどん進んで・・・

案の定 
チェックインの時間までずいぶんと間があったので
お宿の周りを 車で 回ってみました

梅林がたくさん・・・
( 「おおくぼ台梅園」は、梅や梅干などの特産品で有名な梅園
   約6000本の梅の木が植えられているそうです)

低く仕立ててある梅の木の花がいっせいに花開くころは 
とても綺麗なんだろうな~と 想像しました
 

そんな梅の里のなかにある お宿 でした


晩秋の景色も とても素敵です
d0387712_20241671.jpg


d0387712_20251188.jpg


d0387712_20252812.jpg


d0387712_20253613.jpg


d0387712_20255496.jpg

あちら こちらに 梅のモチーフが・・・



d0387712_112438.jpg

さぁ・・・チェックインです




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大分県日田市大山にある梅の郷
天領日田の奥座敷 
響渓谷と梅に恵まれた景勝地
梅をこよなく愛し育て 梅の実で梅酒 梅干しをつくり
健やかで 美しい食と空間を心掛け
まさに「梅づくし温泉」と呼んでいただける旅館を目指して参ります
     ( 奥日田温泉 うめひびき パンフレットより)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by mamieotome | 2018-11-29 11:29 | Travel

露天風呂付のお部屋

d0387712_1713223.jpg


d0387712_17131178.jpg


d0387712_17132930.jpg


d0387712_17134025.jpg


響渓谷が目の前に見えるお宿に行ってきました
一泊二日の 早めのアニバーサリー旅です

宿に着くと
露天風呂が付いたお部屋が空きましたので・・・と
予約した部屋より 良いお部屋に通されました (´∀`*)嬉

一年前に リニューアルされたそうで 
とても 素敵で お洒落な雰囲気で
着くなり 写真を撮りまくり(笑)


天気予報は 二日とも 雨 ・・・で
お天気は諦めていましたが

なんと・・・
お部屋の露天風呂に入っていたら
星が輝いてます

しっかり オリオン座もみえました (PM10:00)

お部屋に露天がついていると
何度も ざぶん ざぶん・・・(笑)

これで最後と 11時30分頃 外に出てみると
雲の合間から 時々 お月様が にっこり 顔を見せてくれて

いいなぁ~ お風呂に入りながら お月見ができるなんて~って
幸せ気分いっぱいでした 
d0387712_17142584.jpg


d0387712_1714357.jpg


d0387712_17135339.jpg


d0387712_17141376.jpg


もちろん 大浴場にも 何回か入りました
岩場造りの露天風呂は 開放感いっぱいで 
寝湯もあって
目の前の絶景を 広い温泉につかりながら 思う存分 楽しめました

活盤浴もありましたが 入りませんでした


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by mamieotome | 2018-11-28 18:28 | Travel

穏やかに 楽しく ・・・


by mamie.o7
プロフィールを見る
画像一覧